かなり前から「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」というのがありましたが、「特殊詐欺」と名称を変えて、未だに猛威をふるっているようです。 一時からは減ったようですが、それでも警察庁によると昨年の被害総額は406億3000万円にも上り、相当額の被害があったことがわかります。 これだけ昔から事件が起こっていて、ニュースなどで散々報道されているのに、どうして未だに引っ掛かる人がいるのか、不思議と言えば不思議な気もしますよね。 ですが、今ではその手口がかなり巧妙になっているのだと言います。 今回ご紹介するのも、そんな特殊詐欺に関わる電話事例。 引っ掛からないように、くれぐれもご注意ください。 TwitterユーザーであるA/T@日之丸街宣(@A_T_GUN)さんが紹介するのは、「伊勢丹新宿本店」なる相手からの電話。

「私の情報は全部正しい」というところから、ついつい信じてしまいそうになります。 それに、「貴方のカードをお持ちの20代の女性が〜」なんて言われたら、焦ってしまいますよね。 ですが……

ホールで話してるような声、という点が引っ掛かったA/T@日之丸街宣さん。 確かに、考えてみれば妙な気もしますが、気付けない人も多そうです。




「全国銀行協会」への連絡を求める山田さん。 特に個人情報を聞き出そうとするでもなく、やっぱり大丈夫なのかな? という気も。 とりあえず全国銀行協会と山田さんの連絡先を手に入れたA/T@日之丸街宣さん。 しかし、A/T@日之丸街宣さんは、念のために自ら伊勢丹新宿本店と全国銀行協会の連絡先を調べた上で、それぞれに連絡をしたのです。 すると……

なんと、伊勢丹からは「仰る通り、その電話は当店とは無関係です」との回答が。 実際、番号も異なり、これは明らかにクロ。 しかも……

全国銀行協会も同様に「全く無関係です」とのこと。

これは怖い。

A/T@日之丸街宣さんが地元警察に問い合わせたところ、昨年末に流行った手口なのだとか。

そうだとすると、今ではもっと巧妙になっている可能性もありますね。

きちんと「自分で調べる」ということを徹底しないと、引っ掛かってしまってもおかしくありません。

犯罪の手口もますます手が込んできています。 不審な電話にはくれぐれもご注意ください!

出典元:twitter