【賞賛の嵐】焼き肉屋の店内を走り回る子供たちを落ち着かせたアルバイトの対応とは??

9,480 views

子供連れのお母さん同士が食事をしながら自分たちのお喋りに夢中で子供のことは無関心。
たとえ子供たちが騒ぎまわっていても注意もしない…という光景をあなたも目にしたことはありませんか?
ホームパーティならまだしも公共の場や、他のお客さんも多く利用する飲食店では迷惑極まりないですよね。

「子供は泣くのが仕事」とよく言いますが、そうは言ってもひと昔前に見た子供を連れている親たちは、子供が泣き出したり騒ぎ出すと、周りの人へ迷惑をかけていないか心配し、子供の行動に目を光らせていたように感じます。そして去り際には申し訳ないような佇まいで「お騒がせしてすみませんでした」と周りの人に頭を下げるという光景をよく目にしたように思うのですが…
最近は親になっても「子供が主体」ではなく、自分のプライベートも楽しみたい!優先したい!という風潮が広がっているのでしょうか?

今回は飲食店で騒ぎ放題だった子供たちを落ち着かせた飲食店アルバイターの対応が素晴らしい!と話題になった1通のメールをご紹介します。

【以下メール文】

“初めまして、私は長野県に住んでいます。
私は現在高校生で、地元の焼き肉屋でアルバイトをしています。

私の先輩で年上の吉野さん(22)という方がいるのですが、先日その方が店内で走り回っているお子さんに注意をしていてその注意の仕方がただ叱るのではなく、子供にもわかりやすい方法かつ見ていて気持ちがいいものだったのでとても印象に残っています。

私のアルバイト先の焼き肉屋では、ドリンクバーとデザートバーが設置されていて、その周りを幼稚園児くらいの2人のお子さまが走り回っていました。
私が「危ないな」と思って見ていても注意する親の姿はなく、母親二人は自分たちの話に夢中といった様子でした。

それをみかねた先輩が子供たちの元へ駆け寄り、しゃがんで子供たちを見つめます。

「君たちプリン食べる?」

そう先輩が優しい笑顔で語りかけると、子供たちからも一瞬間をおいて「食べる!」という元気な声が返ってきました。

「じゃあこの上にホイップクリームとフルーツも乗せて豪華にしちゃおっか」
と聞くと子供たちは「うん」と頷き、先輩は綺麗に盛り付けたプリンを子供たちにひとつずつ手渡しました。
「このプリンゆっくり持って行かないと崩れちゃうから、走っちゃダメだよ!せっかく綺麗に盛り付けたプリンだからお母さんにも見せてあげないとね。」
「それにこのお店には君たちと同じようにプリンやジュースを持っている人がたくさんいてね、ぶつかると服が汚れちゃうかもしれないからゆっくり歩こうね」

すると子供たちは「はーい!」という返事をし、慎重に両手でプリンを持ちながら自分たちの席へ戻っていきました。

それからはデザートを食べ終わった後も、さっきまでの様子が嘘のように子供たちはお店を走り回ることもなく自分たちの席で大人しく座っていました。”

いかがでしたか?
子供はただ怒られると、訳も分からず泣き出してしまったり、聞く耳を持たずまた同じ行動を繰り返してしまいます。
しかし物は言いようで、注意も言い方ひとつで素直に聞き入れてくれることもあるのです。
子供たちを野放しにしておく母親の態度はいかがなものかと思いますが、もし次に同じような場面に出くわした時は実践してみるのも手かもしれませんね!

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑