お小遣いにリアルな契約書を結ぶ親子…凄すぎて真似したい!!※画像あり

5,590 views

みなさん子どもの頃はお小遣いありましたか?
いくらぐらいもらっていたか…もう思い出せないかもしれませんね。

大人になった今は、「大人買い」なんて言葉があるように、子どもの頃と違って自分で稼いだお金で好きなものを買えます。
子どもたちは欲しいものがあっても、親に相談したり、お小遣いをためたり、すぐには手に入りません。

圓道至剛(まるみちむねたか)さん(@marumichi0316)のお宅では、子どものお小遣いに、なんと契約書を作成しているそうです。
圓道至剛さんのご職業は弁護士だそうですが、その内容が本格的だと話題になっています。

息子さんから、お小遣いアップを言われた圓道さん。
しっかり者の息子さんですね、ちゃんと契約書に描かれていたことを覚えていたようです。
それにしても、この契約書、本格的過ぎて読む気が失せそうです(笑)。

息子さんの主張したお小遣いアップは、第2条第2項部分。
「基本額は、小学校のうちは以下の計算式に従うものとする。(小学校の学年の数+1)×150円」なるほど、意外とわかりやすいです。

ほかにも「自分でよく考えたうえで」や「お年玉の扱い」など、全部読むとほほえましいですね。

この契約書を見た多くの人から多くのコメントが。

皆さん、感心しています。さすが弁護士さんが作る契約書!

お子さんのいらっしゃるご家庭では、ぜひお小遣いの取り決めの際に、この契約書を参考にしてみるといいかもしれませんね!

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑