カフェで英字新聞やノートパソコンを広げている人々の姿は、わりと馴染み深い光景となっています。
しかし、その一方で、そういった人々を「意識高い系(笑)」と揶揄する声もあります。

場所によって作業が捗る、集中できるということはあるので、一概にそういった人々を揶揄するものではないでしょう。
とはいえ、お店が混み合っているような時に、平気で何時間も新聞やらパソコンやらを眺めているのでは、別の意味で「意識が低い」と言わざるを得ないと思います。

今回ご紹介するのは、満席のスターバックスでパソコンを使用している人々に対して、あるおじさんが言い放ったという一言。
その一言だけで、一気に席が空いたというのです。

その一言とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

おじさんの言葉が実に秀逸です。

「ここはパソコン教室じゃないだろ!!」




空席がたくさんあるならともかく、満席でいつまでもパソコンをいじっていたのなら、このように怒られても仕方がありません。

これには共感を覚えた人も多かったようです。
多数の賛同が集まっていました。

・家でもできる事をわざわざスタバで席を占領したままやるのは迷惑行為なんですよ。
・スタバはホントにこのドヤ顔系の人がいっぱいいて、見るだけでうんざりして入らないことがある
・よく言った!

他方で、こんな意見も。

・ああいうスタンドカフェは1時間程度のショバ代込みだと思うのだけど( ´-ω-) 飲み終わってすぐに出ないといけないのかなぁ
・スタバはそういった仕事や勉強する人の時間を大事にするから混んでいても追い出さないって聞いたしそれ知ってたら仕方ないなあと思う。

確かに、カップ一杯の飲み物にある程度の金額を支払うのは「場所代込み」だから、という考えも成り立つでしょう。
とはいえ、とっくに飲み物を飲み終わっているのに長時間居座るのは、お店だけではなく他の利用したいお客さんに対しても迷惑です。
やはり、程度の問題なのかな、と思いますね。

互いに思いやりを持ってカフェでの時間を楽しみたいものです。

出典元:cadot