「携帯電話もWindowsもプレステも無かった遠い遠い昔。
本社勤務だった俺は突然営業所開設と新規市場開拓を命じられて某地方都市へ
転勤しました。
それから毎日が激務の連続だったけど何とか営業所を立ち上げて顧客も獲得し
売り上げもそれなりに順調に伸びて利益が出るようになった頃、仕事関連で
地元の若い女の子と知り合い一年程度の付き合いを経て結婚しました。」

結婚して3年程経ったある日の朝、男性はいつも通り出勤すると、事務机の上に無地の封筒に(○○様)と書かれたこの自分宛の手紙があるのに気付き早速開封すると
そこには驚愕の内容が書かれていました。

「あなたの奥さんは日中あなたがいない時間、自宅に若い男をしょっちゅう
連れ込んでいますよ」
そこには時間帯や男の容貌等が詳細に書かれていたそうですが、この男性は自宅でのちょっとした異変などから、思い当たる点もあったと言います。

あの手紙には時間等も書かれていたことから、この事実を確かめるため、自分自身でまず妻にトラップを仕掛けることにしました。

ある日の帰宅後、妻に対して「来週2日間○○へ出張になったから」と伝え、その後は異常を気取られぬように普通の顔で過ごしていたそうです。

嘘の出張予定を告げていた当日、普段と変わらぬ顔で出張かばんを手に家を
出てから数時間の間、家が遠くに見える場所に営業車を停めて家を見張ることに。監視を始めて半日程たったとき、とうとう男はやってきました

若い男が自宅に入ったことを確認してから30分経っても出てくる様子もなく、
男性は室内へ突入します。

「怒りと言うか憤怒と言うかなんとも形容しがたい感情でした。
上着を脱ぎネクタイを外してから寝室入口のドアを蹴飛ばして中に入りました。
ベッドの上で妻と若い男が凍り付いていました、私は「お前ら何やってんだ!」
と大声で叫び二人のそばに突進。
妻は現場を押さえられたのにもかかわらず「違うの、違うの」とか言っていた
様子でしたが頭に血が上った俺には届きません。
まずは性器を萎れさせて青い顔をしている若い男を掴まえてそのまま持ち上げて階段の上から投げ飛ばします。(私は一応柔道の有段者です)」

「2階に戻ってみると女房が服を着て逃げ出す用意?をしていました。
それまで私は女房に対して殴るどころか声を荒げたことも無かったので今回の
事についてかなり驚愕している様子で顔色も真っ青でした。
理由を聞きだす前にまず往復ビンタを数十回程度食らわせました。」

「今から考えるとその時の私は明らかにおかしかった、と言うか一時的に発狂
していたのではないかと思います。
全てを白状した妻をその後階段から1階に突き落とし、物置に行き
結束バンドを取り出しました。その後二人が倒れている所へ戻って2人とも
手足をきつく縛り上げました。
若い男も妻も足を折ったらしく泣いて許しを請いながら痛みに呻いている様子
でした。
男「御免なさい御免なさい本当に御免なさい、もうしませんから許して下さい」
妻「ただの遊びだったのよ、これからは心を入れ替えるから許して」
2人ともあまりにも煩くて神経に障る気がしましたので洗面所のタオルを
縦に切って猿轡にし2人とも黙らせました。」

「それから数時間後の世も更けた頃、一人ずつ抱え上げて車庫へ運び車のトランク
に押し込みました。
2人ともかなり抵抗しましたので一度床に下ろし何回か腹部に蹴りを入れてから
大人しくさせて収納し、深夜のドライブへ出発です。」
未舗装の谷間の山道を走っていくと奥地の山裾に広がる巨大鉱山の廃墟が現れ
「今まで俺みたいな仕事だけのつまらない男と一緒に暮らしてくれて有難う、
でも君にとって私は相応しくなかったみたいだね。この彼とこれからは幸せに
暮らして下さい」
男性はそういって最後の別れを告げ、
大きな穴に2人を蹴り落とした後、2人の靴、バッグ、バンドを切るためのカッターナイフなども落としてその後夜道を延々と走り家に帰りました。
帰宅後は泥のように眠り込み
休暇を取っていた2日間ひたすら眠り、起きると酒を飲んでまた
眠ったと言います。

一時的に狂っていたと思われる精神が回復してくるにしたがって自分がやって
しまった事をまともに考えることが出来るようになった来きたころ、
「妻とあの男は穴からきっと出てくる、出てきたら警察に通報するはずだ、
そうしたら俺の社会的な地位も何も全て終わりだな」と不安に襲われたといいます。
しかしながら不思議な事にその後何日間経っても警察が私を逮捕に来ること
はありませんでした。

何ヶ月経っても年々経っても。
月日が流れ転勤辞令が出て男性は引っ越しました。
転勤が決まった際、どうして何も起きないのか不思議に思い一度だけ
巨大廃墟を再訪したそうです。
延々と山道を走っていきましたがなぜか細い道路が拡張されています。ダンプ
も大量に走り回っています。
現地に着いたら、何もかも消えていました。
そこに立っていた看板を見ると高級リゾートホテルが建設される様子で、その為に
全てが消え去り整地作業が行われていたのでしょう。
「全ては完全に消えうせていました。
あの二人は本当はどこに行ってしまったのか、あの若い男は誰だったのか
なぜ妻らは訴えなかったのか、今となっては全て遠い時の彼方へ完全に
消え去ってしまいました。
もう真相は未来永劫完全に判らないままでしょう。」

“※この話はフィクションです”

出典元:hitomoti