飲むだけじゃない!?アルコールの様々な効果と活用方法についてご紹介します!!※画像あり

293 views

皆さんはアルコールといわれたら何を思い浮かべますか?
よくお店の入り口などに置かれている、消毒用のアルコールを思い出す方もいるかも知れませんし、小中学校の頃に理科の実験で用いたアルコールランプが思い浮かぶという方もいるかも知れません。
あるいは、やっぱり飲む方のアルコールをイメージする、という方も多いのかも知れませんね。

今回は、そんなアルコールの様々な活用法についてご紹介しちゃいます!
身近なところにもあるアルコール、意外な使い方があるかも知れませんよ。

アルコールには消炎作用があります。
ですので、ニキビや皮膚を綺麗にしてくれる作用があるのですね。

また、腋の下などの毛を処理したときにできてしまう赤いぶつぶつがありますが、こういったものにもアルコールは効果的。
炎症を抑えることで、肌を滑らかにしてくれるのです。

さらには、ヘルペス対策にも。
70%のイソプロピルアルコールを少量塗布することで、治りが早くなるという研究があるようですね。

ただ、アルコール負けして肌が荒れる場合もあるので、体調や使用量には要注意です。

アルコールは、もちろん手の消毒にも使うことができます。
とはいっても、ただアルコールに浸すのでは手が荒れてしまいますので、市販の消毒用アルコールを用いるのがいいでしょう。

ちょっと意外なところでは、ベッドの害虫駆除にも使えます。
軽く吹き付けるだけでダニ退治ができるため、快適に眠れるようになるのだとか。

ノミの駆除にも使えるので、ペットなどがいる場合には利用できそうですね。

消毒や殺菌作用という点から、アルコールには汗のにおいを抑えるのにも効果的です。
これは体臭の原因となるバクテリアの殺菌ができるからで、用量に注意すべきなのは先ほど述べたとおりです。

除光液代わりに用いたり、アルコールの不凍性を利用して、水2:アルコール1の割合で袋に入れて冷凍庫に入れれば、保冷剤代わりのアイスパックとしても用いたりできるのです。

いろいろと便利なアルコール。
用法・用量に気をつけて、お試しあれ!

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑