4月に入社した新人さんたちは、いよいよ研修を終えて本格的な仕事に取り掛かりだす頃合いでしょうか。
会社によってはまだもう少し研修期間が続くというところもあるかも知れませんね。

しかし、就職活動戦線を潜り抜けてようやく入った会社との相性や実態がわかり始めるのもまたこの時期です。
指導役の先輩がちゃんとついているか、ついていたとしてもきちんと教えてくれるか、指示を出してくれるか……。会社によって様々だと思います。

それどころか、ブラック企業であれば過酷な研修を強いられることも……。

今回ご紹介するのは、そんな新卒研修の一つです。

こちらの画像をご覧ください。

駅構内を歩くスーツ姿の女性。
その背中には、なにやら文字の書かれた張り紙が。

「新卒研修なう。17新卒。タグ付けOK。#新社会人本を売る」

これはいったい……?

女性は本を売らされているようでした。
その後、このような新卒研修を行っているのはどこか? ということが話題になり、「ジェイック」という会社ではないか、という噂が立ちました。
この会社も、小冊子の販売をさせるという営業研修があったからです。

しかし、これをジェイックは否定。どうやらデマだったようです。

結局のところ、この張り紙を背負った女性の勤め先は不明でしたが、そもそもこのような新卒研修に意味があるのか、という問題は残ります。

もちろん、営業として働くなら営業慣れしておく必要はありますし、度胸をつけるという目的もわかりますが……。

ただ、上掲の画像によれば、「新卒研修なう。」というのは仕事の際の文面にしてはふざけているようにも思えますし、妙ですよね。
どういった業務内容なのかはともかく、会社としては人を育てるということをもっときちんと考えた方がいいのでは、と思うところです。

出典元:netgeek