爪の根本の白い部分はないと不健康!?意外と知られていない真実とは・・・??

7,310 views

画像にもある爪の根本の白い部分、「爪半月」と呼ばれる場所ですが、爪半月の大きさの違いは何か意味があるのでしょうか。

一般的には爪半月が大きい方が健康的で、爪半月がないと不健康と言われていることが多いのではないでしょうか。

実際どうなのか気になりませんか?
筆者は小さい頃は爪半月が大きかったのですが、いつの間にか親指以外はほとんど無くなってしまいました・・
爪半月がないと不健康と言われて育ったので不安です。

実際不健康な生活を送っているので結果を見るのが怖いのですが・・

爪半月の大きさの違い、それは「新陳代謝の差」だそうです。
意外に知らない人も多かったのではないでしょうか。

爪は爪の根元から成長が始まり、爪先に向かって伸びていきます。
新陳代謝がよく、爪の成長スピードが早い人は水分が抜け切る前に先に伸びてしまうため、爪半月の面積が大きくなってしまうそうです。

少し安心・・でも油断せず最後まで読んでください。

爪半月の大きさは健康とは関係ないのですが、実は体の健康状態は爪を見ればある程度わかるそうです。
その際のポイントは爪半月の大きさではなく「爪の色」。

綺麗な爪を保つ為にタンパク質やカルシウム・ビタミンをしっかり摂取しましょう。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑