4月に入社した人は、1ヶ月以上が経ち、連休も終わり、そろそろ会社で働くのが大変になってきているかも知れませんね。
よくネットなどでは、日本の労働環境はおかしいといわれることがあります。
出社時間には厳格なのに退社時間は守らせなかったり、サービス残業が常態化していたり……。

上司や経営者が求めている場合も多いですが、中には同じ労働者が「もっと働け」と周囲に圧力を掛けていることもあります。
今回ご紹介するのは、そんな日本のおかしな労働環境を表すような話題の数々です。

商人「ここに”原価300円のラーメンが1000円とかありえないだろ”というネット弁慶がおります」
商人「ここに”ラーメン屋の最低賃金もスイス並の2500円にしろ”というネット弁慶がおります」
客「両者ぶつけるとどちらが勝ちますか」
商人「これらは同一のネット弁慶です」
客「えっ」

お店側の人間とお客側の人間は、その時々で入れ替わるということがわかっていないと、このようにおかしな意見が出てしまうのでしょう。
給料を上げろ、物は安くしろ、では成り立ちませんよね。物を売って得た利益が給料になるのですから。

【世の中の反応】
「時給1500円」 →「高すぎィ!」
「月給24万円」 →「24万、普通です。」
「年収288万円」→「低すぎだろォ!」

もちろんボーナスや福利厚生もあるので、一概に時給と年収とを比較することはできませんが……。
ただ、単純計算するとこうなるので、感覚としては不思議ですね。

こちらをご覧ください。

手伝うのが当たり前、というスタンスでは、手伝いたい気持ちもなくなってしまいますね。
また、ネット上では、各人が時間内に仕事を終えられるように業務を割り振るのは上司の仕事だから、これは上司の怠慢では? という意見も。

これはおかしいですね。
労働者は労働力と自分の時間を売ってお金を稼いでいるわけです。
サービス残業とはタダ働き。要は、会社が労働者の労働力と時間を盗んでいるようなものでしょう。
これを思いやりだのなんだので片付けようとする会社は、ブラックとの謗りを受けてもやむなしではないかと思われます。
このように、いろいろと問題をはらんだ日本の労働環境。
貴方はどうお考えになりますか?

出典元:netgeek