消防車で飲食店へ食事を取りに来ていた消防士の方達へ市民から苦情が寄せられたという事件は記憶に新しいのではないでしょうか?
この出来事により日本中でとても大きな話題になりました。

この件を受けた時「ゴミ収集車の職員に対しても多くの苦情が寄せられる」という現場の声を聞くことが出来たのです。
「私が知る限りですが」と前置きを置いた上で話してくれました。
そんな苦情の数々を今回ご紹介したいと思います。

公務員も人間です。喉が渇くこともあれば眠気覚ましに缶コーヒーを飲またくなることももちろんありますよね?
ですが、缶コーヒーだけではなくお茶や水を飲むことにすら苦情が入るそうなのです。
そのためになんとこの職場では夏の暑い時期にも関わらず職員は事務所でしか水分を取れないのです。
市民の方々に見つからないようにこっそりと水分補給しなくては行けないのは拷問と変わらないでしょう。

「まだゴミ取りに来てねーぞ!今すぐ来い!」
という苦情の電話が入るそうです。
なぜこのような事が起こったのか状況を確認してみるとその地域は既にゴミの回収が終わっていたのです。
つまり、回収した後に誰かがゴミを出したのです。
その旨を説明するとなんとまた怒鳴られたのです。
「そんなん知るか!俺の税金で飯食ってんだろ仕事しろ!」
と怒鳴られたそうなのです。
結局日中の通常業務の間に職員が回収に向かったそうなのですが、その時間の分回収できないところがあったために残業することになってしまったのです。
ゴミの回収を依頼してきた人の言っていることはあながち強く否定できませんが、怒鳴る相手はルールを守らなかった人ではないでしょうか?

まだまだ出てきていないだけでかなりの量の苦情があるのではないでしょうか?
理不尽な苦情に苦しめられながらもゴミを回収してくれている職員の方々に感謝しようと思えてきますね!

出典元:livedoor