【感動】「ゲームとは何か」その本質を突くレビューが大きな評判となる……かつて子供だった大人は必見!!

1,346 views

皆さんは「レビュー」をしたことがありますか。
多くの通販サイトや紹介サイトなどでは、その品物や店舗を実際に利用してみたお客さんの目線からの紹介文や評価が並んでいます。

それらの中には実際に利用したのかどうかも怪しいような的外れなレビューもありますが、もちろん品物やお店の実情を的確に踏まえた非常に参考となるレビューもあります。

ただ、中には品物自体にはほとんど触れていないのに「参考となった」「役に立った」と評価されるようなレビューもあります。

今回ご紹介する「Nintendo Switch」、そのソフトである「ゼルダ」へ寄せられたレビューもその一つです。
いったい、どんなレビューだったのでしょうか。

 

2017年の3月3日に発売された、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。
任天堂のメジャータイトルの一つである、「ゼルダの伝説」シリーズの最新作です。

その「ゼルダ」について、Amazonへ寄せられた、「いつもと同じつまらない景色が違ってみえる。」というタイトルのこのレビュー。
実際にご覧ください。

ゲームは、しょせんお遊びであり、くだらないものだと思われがちです。
しかし、人生にとって娯楽が必要なものであることも確かですよね。

このレビューは、確かに「ゼルダ」の内容自体には多くは触れていないようです。
ですが、このレビュワーの人生とともにあったゲーム、そのゲームへの想いが詰まっているように感じられます。

スペックを列挙するレビューもあれば、実際に触れたり訪れたりしてみた印象や感想を記すレビューもあります。
でも、それだけではなく、こうした形のものもあるんだな、と思わされるレビューですね。

仕事に追われて、いつの間にか「ゲームなんて……」と思うようになった社会人の方にこそ見てほしい、これは実に素晴らしいレビューだと思います。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑