ゆで卵、きっと誰もが一度は作ったことのある料理でなはないでしょうか。
失敗したゆで卵をとってもかわいくアレンジして展示した食堂のおばあちゃんの作品が話題となっています。
どのようにアレンジされているのか、ぜひ画像をご覧ください!

ゆで卵って、簡単なようで、それぞれの好みの硬さがあったり、ゆで加減が意外とむずかしかったりするのですよね。
食堂のおばあちゃんもきっと、毎回いろいろと工夫しながら作っているのだろうなと思います。
ある日、思わぬ形に出来上がってしまったゆで卵。
ここでもおばあちゃんのセンスが光ります。

その作品がこちらです。

可愛いですよね!
目と口のバランスが絶妙です!

このツイートにたいして多くのコメントが寄せられました。
イモムシのニャッキに似ているというコメントや、
“りあるぐでたまやな。”と、あのぐでぐでしたやる気のない卵のキャラクター「ぐでたま」に似ているというコメントなどが多く、
確かに、どこかで見たことのあるキャラクターという印象を受けますよね。

ほかにも、“おぉーもはや芸術!!”“なんておちゃめなおばあちゃんなの”など、たくさんの声が寄せられていました。

失敗しちゃったら落ち込むのではなく、それを活かして素敵なアイデアを生むおばあちゃん、本当にすてきですね。

これからもかわいいアイデアをたくさん生み出してくれることをひそかに期待しています(笑)

出典元:cadot