加計学園をめぐり前川嘉平前事務官が暴露し政府とマスコミが全面戦争になっている今回の一件について、マスコミが麻生太郎氏に意見を求めたところ、簡単にあしらわれてしまったそうです。

なんとか記事に出来るような失言を誘うマスコミですが、簡単に出鼻をくじかれてしまいます。

記者を必要以上に攻める事はせず、間違ったことは指摘しながらもすぐに許せてしまうのは麻生太郎氏の人柄故の懐の深さなのではないでしょうか。
元来の政治家というものは記者との完全対立からの攻防戦というのが一般的にみられる光景ですが、今回の麻生氏は記者を上の立場から手なずけ、飼い慣らしているようにみられます。

橋本徹氏の完膚なきまでに記者を攻撃するスタイルも新しいですが、こういった絶妙でスマートな切り方が一番なのかもしれません。

間違いを正しながらも質問に対してはきちんとした態度で答える。
「退職した人に対して私がかかわる話ではないと思っています。」と上手なコメントを残しています。

ここで踏み込んだコメントを残してしまうと、ハイエナと化したマスコミが面白おかしく湾曲させて記事にしてしまうので、今回のあしらい方は実にスマートで気持ちの良いものだと思います。

SNSやサイトなどで拡散され、麻生氏が厳しいながらもやさしさを持つ大人の対応であると称賛の声が挙がっています。
政治家に対してのマスコミの対応もどうかと思いますが、マスコミに対しての対応も視聴者からはとても重要なものなのかもしれません。

出典元:netgeek