【本当はだめだった?!】歯医者の教える、正しい歯磨きの方法が意外すぎると話題に!!※画像あり

3,656 views

私たちの日常生活において、必要不可欠だともいえるものの一つが歯磨きですよね。
歯磨きという行為を怠ることにより、虫歯や、歯周病などをひきおこし、結果的に自分の体調を崩してしまうということにつながります。
そんな私たちの生活に欠かせない、歯磨きですが、実は多くの人が正しい磨き方を知らなかったということを知っていましたか?
実は歯医者さんから見ると私たちが普段行っている歯磨きの方法は行ってはいけないとても間違っている方法だったのです。
今回、歯医者が教える正しい歯磨きの方法をご紹介いたします!

いつも歯を磨くときには歯ブラシを濡らしたりしていませんか?実はそれはやってはいけないことだったのです!
歯ブラシをぬらしてしまうと、歯磨き粉の泡立ちが早くなってしまうために、含まれている有効成分が作用する前に流されてしまうのです。
そのために歯ブラシはぬらさずに使うことをお勧めしています!

歯磨き粉を大量につけてしまうと、磨き残しの原因となるだけではなく、研磨剤を多量に使用してしまうことになるのです。そのためにエナメル質を傷つけてしまうのです。

歯磨き粉を使用するときには、歯ブラシのヘッド部分。そこから1/3か1/4程度の量がおすすめされているのです!

画像のように力を入れて過剰にブラッシングをしてしまうことは、歯のエナメル質を傷つけてしまうリスクが高くなっているのでNGとなっています。

正しい磨き方は、歯に対して直角、もしくは45度の角度でブラシを優しく当てることが大事だそうです!

歯磨きの後口をしっかりとゆすいでいませんか?
実は口をしっかりとゆすいでしまうことには歯磨き粉に含まれている有効な成分も洗い流してしまうことになり、効果的ではないのです。
ゆすぐときは軽く一回だけゆすぐようにしましょう。

今回紹介したことはどうでしたか?
無意識のうちからやってしまっていることが多かったのではないでしょうか?
このことをもとにして、ちゃんとした歯磨きをしましょう!

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑