誰も知らない江戸時代!?江戸のトイレとお風呂を大公開!!※画像あり

29,683 views

日本のトイレくらい清潔なトイレはないと言われています。
海外から来て初めて洗浄機能付きトイレを使った海外からの観光客は、日本みあげとして買っていく人も多いようです。
ちなみに日本の公衆トイレは無料ですが、海外では有料のところも多いそうです。
近代になって水洗トイレが普及しましたが、それ以前の日本のトイレはどんな感じだったのでしょうか?
今回は、江戸時代のトイレとお風呂についてご紹介します。

江戸時代のトイレですが、現在のような各家に別個にトイレはありませんでした。
当時は庶民は長屋住まいが一般的で、10世帯ほどの長屋に2つのトイレというのが標準だったそうです。
もちろん男女共用の共同トイレでした。

今のように鍵をかけて入るような個室ではなく、外から見えるような状態で、立った状態では下半身しか隠せない状態でした。
扉が現在のドア状になっておらず、上の部分が空いていたのです。
しゃがむと全身が見えなくなるので、顔を上げて「使用中」を知らせていたそうです。女性は上から覗かれ
る心配があって、落ち着いてトイレに入ることができなかったと言います。

当時は水洗などあろうはずもなく、汲み取り方式で溜まった糞尿は農家が肥料として利用していたそうです。
汲み取った糞尿は現金で買い取られるほか、野菜などと交換もされていました。

江戸時代のトイレ事情はなかなか厳しいものがあります。
では、お風呂はどうだったのでしょう。

江戸時代はトイレと同じようにお風呂も家ごとにはありませんでした。
そのためどこの家も入浴のために銭湯に通っていました。
お金持ちでもお風呂がないことが多かったので、町人や職人、職業に関係なくみんなでお風呂に浸かっていたようです。

では、江戸時代の人たちはどのくらいの頻度で入浴していたのでしょうか、週に2度、いや週に1度。
もしかしたら1周間ごとだったかも‥。
ところが、基本的には毎日、朝と夜の2回入るのが基本で、多い人は1日に4~5回の人も、大工さんなどの職人さんだと、木屑とかで汚れ
るため、頻繁に入浴して清潔を保っていました。

トイレはインフラの整備が必要なので江戸時代の状況は察しますが、お風呂事情には驚かされました、清潔を好む日本の習慣は江戸の昔からあったのですね。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑