オフィスやデパート、物販店などのトイレでトイレットペーパーの先端が三角形に折られたのを見かけることがあります。
もしかすると「使った後は、三角折するのがマナー」だと思っていますか?
「見た目がいいから」「次の人が使いやすいように」といった理由でみんながやっていると思っていませんか?
良かれと思ってやっているのはわかりますが、この行為は大きな間違いなのです。

にゃーこ(@Lhh 087)さんは、とある病院のトイレで、貼り紙を見ました。

そうなんです。
よく考えて見てください、自分が用を足しトイレットペーパーを使った手で、次の人が使うトイレットペーパーを触る。
気分が悪いくらいであれば許されますが、ここは病院です、注意書きにもあったように細菌感染を引き起こす可能性もあるのです。

では、なぜトイレットペーパーは、三角形に折られているのでしょう?

いったいなぜ三角折が普及したのでしょうか、そもそも三角折はホテルが発祥だと言われています。
清掃スタッフが「このトイレは清掃しました」というサインに三角折をしていたというのです。
トイレを使用する人も、トイレットペーパーがきれいに三角折されていると「ちゃんと清掃されていて気持ちがいい!」そう思われますよね。

ネットでは「次に使う人のことを考えてやっていました、まさか逆効果になる可能性があるなんて」と驚く声が多数寄せられました。
確かに、心遣いは素敵なのですが、次の人のためになるべく触れないように三角折は避けたほうが良さそうです。

出典元:twitter