今やコンビニやショッピングモール、駅前に設置されているATM。いつでもどこでも現金を引き出せてとっても便利ですよね!
ATMが増えてから特別な用がない限り銀行に行く機会も減った気がします。
ここ近年ではインターネット銀行も普及して、ますますATMの便利さが増してきているように感じます。

ですが、ATMの金銭やカードの取り忘れも増えてきているのも事実です。
「あんなにピーピーなるのにおき忘れる人っているの?」と思う人が大多数でしょう。
通常ATMを使用するとカードを引き出し金銭を取るまで大音量の取り忘れ防止用のアラームが鳴るように設定されています。

しかし、実際はお金だけを取ってしまったり、カードだけ受け取って帰ってしまう人も少なくないようです。
イヤホンなどで音楽を聞いていたりすると一層気づかないかもしれませんね。

ちぃさん(@nemu_nyanko)は、あるATMに置き忘れられたカードを見つけ、以前Twitterで見た情報をもとに対処しました。
その情報とは・・・

実はATMには置忘れカードを回収する機能があったのです!
ちぃさんはATMに備えつけられていたインターホンからコールセンターに電話して、無事にカードをATMから回収してもらえました。

これは知らないとできない対処法ですね!
しかし例外もあり、取り扱いの違うものや他行のATMの場合は窓口や連絡箱に入れられるように指示されることもあるのだとか。




ちなみに、カードを受け取らないと一定時間アラームが鳴り続けますが、しばらくするとそのままATMが回収し保管するので、もし取り忘れカードを発見した場合取らずにそのまま放置して回収されてからATMを使用するようにしてください!

このツイートに寄せられたコメントの数々

お金を取り忘れた場合、カード同様にATMに取り込まれますが、金銭の場合次の人が持っていってしまうことが多いため、お金の取り忘れは気を付けて下さい!
カードは停止できても、お金は停止できません!

カードの置忘れを発見した時は焦らずに、まずは備え付けのインターホンからコールセンターに指示を仰いでみて下さいね!

出典元:cadot