エアコンを30日間24時間フル稼働!!→その結果「請求書」の内容がとんでもないことに・・・?!

27,930 views

日本の夏は湿気が多くてクーラーが無いと寝苦しくて耐えられない時もありますよね。
むしろ、年々気温が上昇している状況ですからエアコンが無い部屋は熱中症が懸念されるほど、エアコンの必要性は高まっています。

しかし、とかくエアコンは電気を必要とする認識があります。
そんな電気節約のためのアイデアがツイッターに寄せられています。
・暖房、冷房に関わらずカーテン、もしくはブラインドをすると効率がアップします。
・あまり知られていませんが、パソコンはスイッチの「入・切」の操作で電気代を消費します。
だから、スリープ状態にしている方が電気代はお得なんです。
・早朝割引、洗濯機や乾燥機、食器乾燥機など、まとまった時間動き続けるような家電製品は、早朝に使うと電気代をかなり節約できます。
・冷蔵庫にナイロンカーテンをかけ、開けた際に冷気を逃がさない対策を取っていると、電気代の節約になります。

みなさん、それぞれに工夫して節電に努めているんですね、こうした節約術を試している人たちを横目に、30日間24時間エアコンをつけっぱなしというチャレンジをしたツワモノが現れました。

エアコンを切り忘れたかなと思ったときは、全速で帰らなきゃと思ってしまいます。
つけたままでいると想像以上の金額が請求されるのではという不安に駆られてしまいます。

では実際に30日間、24時間エアコンを利用した場合の請求書を見てみましょう。

けっこうな金額2~3万くらいいくのかなと思っていましたが、意外にも6,000円ほどの請求でした。
この金額って夏場多めにクーラー使った月に来るくらいの請求額でしょう?

どうして30日間も1日中つけぱなしだったのに、高額の請求にならなかったのでしょうか。
もしかしたら、つけっぱなしの方が逆に電気代がかからないのかもしれません。
また、新しいエアコンと古いものとでも違いが出てくると思います。

しかし、つけっぱなしにすると風邪は引くは肌は荒れるはで健康的には良いことはありません。
大切なのは節約ではなく、どんな状態だと電気代が高くなってしまうかを知っておけばいいのです。

クーラーは実際の気温と設定温度の開きが大きいほど電気代がかさんでいきます。
だから、つけっぱなしの一定温度状態だと電気代が跳ね上がらなかったんです。

節約のための方策としては、自動運転を選択してムリなくエアコン側が室温に合わせられるようにすることと、部屋の空気を循環させるためにサーキュレーターを使用することです。
この2つの方法を行うことで効率よく節電することができます。

なぜ、そうなのかという知識を持っていることは無駄や無理をはぶくことにつながり、結果として効率の良い生活を生み出します。
これをきっかけに電気に関して勉強してみるのも、いいかもしれません。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑