わたしたち人間とはどういう生き物なのか??→改めて考えさせられる画像の数々をご覧ください・・・

5,064 views

地球温暖化、環境の大きな変化、私たちの身の回りでは日々、人間が自ら招いた結果としての悲惨な事象が繰り返されています。
しかし情報過多の時代、見たくないものには自分で蓋をすることもできるのです、そんな時代だからこそ見てもらいたい写真です。

1. 私たちは何をしたのだろう?

これは象牙を盗るために密猟者に撃たれた象です。
この写真を見ていると私たちが「何を」したのかではなく、しなかったのかを考えさせられます。

2. ジャングルの疾走

森林で起きた大規模な火事、必死に逃れようとするヤギ達。
火事の原因はわかりませんが、自然を脅かしているのが私たち人類であることは間違いありません。

3. 戦場のような

エネルギーがなければ何もすることができません。
しかし、それを支えるためには通常では見ることもないような光景を生み出さなければなりません、まるで戦闘の後の市街地を眺めているようです。

4. 夢の島を知っていますか?

日本にもかつて「夢の島」と呼ばれた同じようなゴミ焼却場がありました、写真はバングラデシュですが、国を問わずどこでも膨大なゴミが排出されるようになってきました。
人は本当に必要なものだけを使っているのでしょうか。

人類が地球における食物連鎖の頂上であることは確かです。
しかし、最強の人類が自分の居場所である「地球」やその他の生物に対して感謝と畏敬の念を持って接しているかは疑問です。
ここまでの写真が語る今の真実を、私たちはどう取らえれば良いのでしょう。
また、私たちのこれからのヒントもこうした事実(写真)の中にあるのかもしれません。

いかがでしたか、普段は見ることのない自然の中の人為的脅威です。
自然を守ろうと言うのも人間ですし、実際に自然を壊してきたのも人間です。
こうした写真を見て、自らの行いを振り返るり、「何をしなかった」のかを関えていきましょう。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑