相変わらず、騒ぎが続く加計学園問題。
これは、安倍総理が関与して、加計学園が国家戦力特区に獣医学部を設置しようとしていると問題になりました。

これまで民進党は、情報の出所について明かしてきませんでしたが、今回野田佳彦議員の発言で、この件は民進党の玉木雄一郎議員宛にリークされた情報だったと判明しました。

なぜ今、うっかり、またはわざと、野田佳彦議員は誰宛にこのリークのメールが来たのかをメディアで公表したのでしょうか?

どこにこの情報が届いたのか、明かさなかった民進党。
このメールの出所は、内部事情を知る文部科学省の関係者からリークされたのではないかと推測し、安倍総理を追及するに至ったわけですが、実際には誰からリークされたのかは判明してないようです。

民進党にとって与党追及の好チャンスとばかりに、ガセネタとは思わず飛びついたようですが、「永田メール」という騒動もあったことを考えると、ネタの出所は慎重に調べるべきでしょう。
万が一、ガセネタだったとしたら、玉木雄一郎議員は間違いなく追い込まれることになりかねません。
党全体の批判を避けるために、一議員に責任を押し付けようとしたことも考えられます。

先の「永田メール」の際、被害に遭った堀江貴文氏は、今回の騒ぎについて、森友学園問題もこの加計学園問題も同じ構図だと批判しているようです。
毎回、出所の裏を取らず、怪文書に飛びついてしまう民進党という組織。

国会での追及騒動にまで発展させるのであれば、その情報ソースは確固たるものにしてからにして頂きたいものですね。

出典元:netgeek