巷には、マヨラーという言葉があるように、マヨネーズが大好きという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
最近はカロリーが低めのものもあるので、ダイエットしている方にも使いやすいですよね。

そんなマヨネーズには、いろんな裏技あるのをご存知でしょうか?
もちろん、料理にかけたりつけたり、それでも十分美味しいマヨネーズ。
でも、「キューピーマヨネーズ」が提案している、これらの裏技を知ると、お料理がもっと楽しくなるかもしれません。

いったいどんな裏技があるのでしょう?

・厚焼き玉子が冷めてもフワフワ!

玉子にマヨネーズを加えると、過熱によるたんぱく質の結合を柔らかくすることで、熱いうちもフワフワ、冷めてもフワフワ。
加えて、お酢の作用で色もきれいに仕上がります。

・ハンバーグがふわっとじゅわっと!
ひき肉の5%ほどのマヨネーズを種に混ぜておくことで、ふわっと仕上がり、そしてジューシーになります。

・サクッとエビフライ
エビに、卵の代わりにマヨネーズを塗り、パン粉をつけてオーブントースターで焼きます。
すると熱でマヨネーズの油が分離し、揚げ油の代わりになります。
お手軽にできて、片付けも楽チンですね!

・サクサク天ぷら
衣を作る際、卵の代わりにマヨネーズを使います。
衣の水分を残さずに揚げられるので、ベタっとしないサクサクの天ぷらになります。

・パラパラチャーハン

油の代わりにマヨネーズでご飯を痛めると、マヨネーズの成分がご飯粒をコーテイングしてパラっと仕上がります。

・ふんわりホットケーキ
生地にマヨネーズを混ぜると、グルテンが結合してホットケーキが固くなるのを防ぎます。
さらに生地も膨らみやすくなり、やわらかで表面はサクッと。
裏面を焼くときは、ふたをするといいそうですよ。

・柔らか唐揚げ
鶏肉に下味をつける際、マヨネーズを加えて揉み込みます。
お酢の力で鶏肉のタンパク質が柔らかになり、臭みも取れます。
しかもマヨネーズ成分が、パサパサになるのも防いでくれます。
マヨネーズにはいろんな使い方があるんですね。
少し足すことで、お料理にコクも出そうです。
さっそく試してみたいですね!

出典元:cadot