暑さが堪える季節になってきました。
暑い日が続くと、氷たっぷりのアイスコーヒーやジュースを一気飲みしたりしませんか?
夏に温かい飲み物を好んで飲む人もそういないですよね。
暑い日にはやっぱりホット・コーヒーだ!なんて方もいますが、あまり見かけることはありません。

冷たいものは体に悪いというのは誰もが聞いたことがあると思います。
実際、夏に限らず季節を問わず冷たいものは体に良くありません。
冷たいものが体内に入ると、血管や筋肉が冷えて収縮し、血行の悪化を招き体温が下がります。
また、内臓機能の働きも弱めるので、お腹も壊しますし、疲れやすくもなります。

さらに体温が1度低下すると免疫力が下がり、風邪などの病気にかかりやすくなります。
特に女性は内臓機能が冷えやすいので注意が必要です。

愛知県刈谷市で漢方薬や中医薬を扱う薬局の店主の深谷朋昭 中医学の明寿漢方堂(@FukayaTomoaki)さんは、
冷たい飲料が体に良くないことをわかりやすく解説してくれました。

分かりやすいです!確かに氷を手に握ると「冷たい」からどんどん痛くなってきます。
また、いきなり氷を肌につけられたら、その冷たさにびっくりしてしまいます。
同じことが冷たい飲料を取り込んだ体内で起こると考えると恐ろしいことです。
冷たいものを一気に、あるいは大量に摂るとお腹を壊しますが、原因がよくわかった気がします。

どうしても冷たいものが欲しい場合には、深谷さんからアドバイスがあります。
・口の中で温め、冷たさを楽しむ(がぶ飲みや、早飲みをしない)
・量をあらかじめ決めておく(アイスはシングル、ビールは350ml)
・同時に温かいものを摂る(かき氷+緑茶、アイス+ホットコーヒー)
・それでもなるべく控える

これから、どんどんと暑さは増していくと思いますが、冷たい飲料や食べ物はほどほどにしてください。
日頃からの習慣づけが大切です、体調を壊さないようにお気をつけください。

出典元:cadot