あなたは知っていますか??『寂しい』と『淋しい』の違いを徹底解説!!

17,231 views

辞書を引くと、『寂しい』と『淋しい』のところには読み仮名が『さびしい・さみしい』と書かれています。
パソコンで打つ時にもどちらを入力しても『寂しい、淋しい』が表示されるようになっていますよね。

同じ読み方でも違う意味が込められている形の言葉は日本語に多く存在します。
今回はその中でも、よく使う言葉としてあげられる『さびしい、さみしい』ですが、この漢字の使い方や関係性、意味は両方ともあっているのか?それとも間違っているのか?どちらも違う意味をもつのかなどを解説していこうと思います!

『さびしい』『さみしい』のうち、最初から使われていたのは『さびしい』だったそうです。
昔から伝えられていた『さぶし』という言葉が平安時代になり『さびし』に変化し、それからかなりの年月がたち『さみしい』がつくられました。

いわば『さみしい』は『さびしい』の変化形という事になります。

現在は『さびしい』『さみしい』どちらを使ってもいいようになりましたが、常用漢字表を見ると『寂しい』の読み方は『さびしい』とされており、『さみしい』と読むことはなくなっています。

また、漢字の違いは『寂しい』とは『侘び寂び』や『静寂』といった様子や状況を伝える時に用い、『淋しい』は部首のさんずいが涙を表しているので”涙が出るくらいさびしい時”に用います。

漢字は古い時代から受け継がれてきたものなので、しっかり意味の合う使い方をしたいですね!
同じ読み方で意味が違う言葉、皆さんも是非探してみて下さいね!

出典元:www.1242.com

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑