ボスニアで発見…巨大な石の球体!→この正体は一体・・・??※画像あり

6,407 views

ボスニア・ヘルツェゴビナは東ヨーロッパにある国ですが、「ボスニアのピラミッド」という説を耳にした事はあるでしょうか。

この説を主張しているのはボスニアの実業家セミール・オスナマジック氏。
この説は、ボスニア・ヘルツェゴビナの中心部にある山々は、実は自然のものではなく、世界最古で最大規模の人口ピラミッド群である、と言うものです。
5つのピラミッドから成り、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」「竜のピラミッド」「愛のピラミッド」「地球のピラミッド」と名付けられています。

2006年から唱えられるこの説は、ボスニア当局も支持。
もし本当であれば歴史を覆す大発見となりますが、現段階では証明することができておらず、「説」としか言えないということです。

そして、近頃またボスニア・ヘルツェゴビナで話題となったものがあります。
それはいったい何でしょう。

なんという巨大な球体!
これは多量の鉄分を含んだ半径1.2~1.5mもある、石の球体だそうです。
オスナマジック氏によれば、1500年以上前に人の手によって作られた人類最古の球体だとのこと。
しかし、こちらの説も専門家の間では否定的で、自然現象だという人が大半。

ですが、今後の調査によっては新たな結果が出ることがあるかもしれませんね。

この山が「太陽のピラミッド」だと言われています。

現在も調査は進行中で、もしかしたらこの先、新発見があるかも?
ロマンを求め、ピラミッドや球体を見物に訪れる人々も多くいるそうです。

新説は、まず否定されるもの。
諦めず、今後も調査を続ければ、歴史を覆すような新発見がなされる日が来るかもしれませんね!

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑