昔から人は天気と争うことができません。天気予報もあくまで予想なのですべて当たることもありませんし、予報のとおりに天気が変わってくれる超能力も開発はされていません。先月の21日・22日に日本を襲った大雨は各地で避難勧告が出されるほどの影響を及ぼしていましたが、その中でも大きく影響を受けたのが公共機関である電車でした。多くの路線が運転の見合わせを発表せざるを得ない状態となり、それが発表されると利用者は駅員に噛みつかんばかりに怒鳴る始末。そんな混乱のなかである男性は冷静な行動をしたおかげで難を逃れていました。

6月21日と22日に、これまで我慢・貯蓄していた分をすべて吐き出したかのような大雨が日本列島に降り注ぎました。これにより避難勧告が多くの地域で発表され、生活への影響も多かった自然災害となっています。大雨の影響は公共機関・電車にも相当な被害を出しており、かなりの量の路線が運転の見合わせを迫られ運休となったのです。そうなると必ず勃発するのが駅員へのクレーム合戦。もちろん駅員が天気を操っているわけではありませんから、どんなクレームが入ろうとどうにもならないもの。駅構内で怒号が響く中、ある男性は冷静にこのような行動をしました。

難を逃れた男性・なまちゃさんは、上に掲載したツイートが多くのRTやコメントで話題になったことが予想外だったそうです。そこで、自分がどうして迷うこと無くすんなりこの行動を取れたのか詳細のツイートが投稿されることに。

決して駅が何もしてくれなかったわけではなく、駅側の放送があったことを報告しています。情報番組ではクレームや暴言を吐き捨てる利用客と駅員の姿が映されていましたが、おそらくなまちゃさんのように混乱の中でも冷静に考え行動をしていた人はいたはず。さすがにすべての人が文句一つ付けず行動するのは難しいとは思いますが、頭に血が上りやすい方は天気予報のチェックや周辺のホテル事情を把握しておいたほうが良いのかもしれませんね。

出典元:cadot