あるインタビュー取材で、女優の石原さとみが、自身の意外な悩みについて語りました。その悩みとは一体どんなものなのでしょうか・・・?
現在、映画『忍びの国』(公開中)に出演中の石原さとみさん。大野智さん演じる伊賀最強の忍び・無門の妻であるお国を演じていますが、30代となり、大人の女性として、また女優としての現在の自分、そして未来の展望について答えているインタビューの内容がこちらです。

記者から、今回の映画の内容や役について聞かれた石原さとみさん。

衣装やメイクについてもご自身でアイディアを出したりと、外見からの役作りにもかなり気を使ったのだとか。

“今はすごく悩んでいる時期なんです。たぶん、ここから脱出できたら成長できる気がするんですけど…。あと3年後ぐらいが楽しみです!(笑)。“

インタビューの途中こんな発言があり記者からは、
“類まれな美貌を誇り、キャリアも順風満帆。そんな石原さんに悩みがあるなんて、意外です。”と言われるとこう答えました。
“20代は夢がいっぱいあって、お仕事に対して目的がはっきりしていたんですよ。こういう作品をやりたい、こういう人に会いたい。それこそ月9ドラマに主演したいとか、あの雑誌の表紙を飾りたい、化粧品のCMに出たいとか、明確だったんです。でも30代になって、プライベートではやりたいことをいろいろと思い付くけれど、お仕事でやりたいことが思い浮かばなかったりして。たぶん、徐々にですけど、こういう人になれたらこういう題材ができるんじゃないか、こういう勉強をしたらこういう役ができるんじゃないかと、試行錯誤している真っ最中です。20代の時よりも、もっと内面的なものに向き合っている感じですね。”

3年後どんな石原さとみさんに会えるのか、楽しみですね!

出典元:oricon