皆さんは水筒を使っていますか?
毎日自動自販機などで飲み物を買うと結構な出費になってしまいますよね。
家から飲み物を持参している人も珍しくはないのでしょうか。

水筒を洗う手間やカバンの中でかさばることを考えて、ペットボトルを水筒代わりに使っている方もいると思います。
しかし、ペットボトルを再利用すると激しい嘔吐や腹痛に襲われる可能性があることをご存じですか?

この問題は近年度々報告があがっているくらい身近な問題です。
何故ペットボトルを水筒代わりに使うと腹痛や嘔吐に見舞われるのでしょうか?

ペットボトルを繰り返し使用していると、素材からDEHPが溶け出します。
この物質は発がん性物質の可能性が高いとされていますが、普通に使用している程度では人体に影響はありません。




しかし、本当に怖いのはペットボトルに付着した雑菌です。
ペットボトルに口をつけて飲むと、唾液に含まれる雑菌が中で繁殖します。

直接口をつける部分が小さいうえに、ペットボトルの構造上内部をしっかり洗うことが出来ません。
また、長時間同じペットボトルを使用することにより内部にぬめりや水垢が発生して、菌やカビが繁殖しやすくなります。

つまり、ペットボトルを繰り返し使うことにより安全上の面でおすすめできないのです。
その菌により激しい腹痛や嘔吐に見舞われるケースがあります。

なので、出来るだけタンブラーや水筒を携帯して飲み物を持参するようにしましょう!

出典元:cadot