旅行シーズンには観光客で賑わう観光地。ホテルなどを利用して、数日間の「非日常」を楽しむ人も多いでしょう。ホテル業界で働く月屋(@tsukiya_i)さんが投稿した『お願い』が話題となっています。わずか1日で、3万件以上におよぶシェアを生んだ投稿です。

連絡をするのは『貴重品』『電子機器』の忘れ物のみという月屋さん。
「連絡がないから破棄されている」というのは客側の思い込みで実際には保管しているケースも多いのだと言います。

月屋さんが挙げた、特に忘れ物として多い例がこちらです。
・飲みかけで、中身が残っているペットボトル
・冷蔵庫に入れてあるゼリー・プリン
・シャンプー、リンスなどヘアケアのミニボトル
・クーポン券やフリー冊子、案内チラシ
・靴下、ストッキング

月屋さんの投稿に「知らなかった」と驚きの声が寄せられています。
・あら、これは言われないと気づきませんよね。
・ちゃんと覚えておかないといけないマナーです。
・ゴミが入り切れないとそのままに放置していました、今後は気をつけます。

寄せられたコメントの中には同じホテル関係者からの感謝のコメントもありました。
・特に多いのがスマホの充電器。困るんですよね…。
・すごく分かります。絶対いらないと思っても、規則は規則ですから。
・夏休みは子供の忘れ物がバラエティー豊かで笑えるけど、ないにこしたことはない。

忘れ物に対する規則はホテルによって異なるようですが、ゴミが入り切れない時はゴミ箱のそばに置いておけばいいようです。また、有償・無償の違いがある場合がありますから、気をつけてください。

月屋さんの「お願い」は強制ではありません。
月屋さんは「清掃も管理も従業員の仕事です。放置したから「嫌な客」なんてことはありません。ただ、そうしてもらえたら「あのお客さん、いい人だった」と従業員が笑顔になれます。」と説明しました。

お客様の『ほんの少しの気遣い』が従業員を笑顔にし、仕事に充実感が生まれればホテル利用時に質の高いサービスが受けられるようになるかも知れません、自分の心構えと行為が相手に伝わり、自分に返って来るのです。試してみる価値はあります。

出典元:twitter