13日に放送された日本テレビ系人気バラエティ番組『ザ!鉄腕DASH!』で「出張DASH村」のコーナーで城島茂さんと山口達也さんが山形県笛吹市の桃農園を訪れたのです。

2人を迎えたのは、桃農園を営む夫婦と、その娘と夫のニュージランド出身の男性がいてその人は、山梨県の桃に惚れ込み、3年前に移住したということです。

その夫婦から桃が提供され城島さんや山口さんが食べてみると「美味しい」「こんなに甘いのですね。」と絶賛していました。

桃の糖度を見てみると平均以上の17度で城島さんは「想像を絶するほどの甘さ」と言っていたのです。

城島さんは「福島DASH村」で果樹園班長といて桃の木を管理していました。なので甘さの秘密をすぐにあてられたのです。

桃の木の下に敷かれていた白いシートを発見すると「これは太陽を当てるためですか。」と聞いていたのです。
さらに農園夫婦と桃の育て方についても意見を交換して盛り上がっていたようです。
その姿はアイドルというよりも農業歴10年以上を誇る姿に見え、あまりにも意見や話があるので山口さんが「なに意気投合してんだよ」とツッこむほどでした。




城島さんの農業に関する情報の濃さに衝撃を受ける人もいます。彼は日本農業新聞を愛読しているので知識が豊富で視聴者を驚かせました。

桃の他にも手作りピザ窯を見た山口さんがニュージランド出身の男性に対して衝撃発言をしていました。それはどんなことでしょう。

さらに視聴者を驚かせたことはニュージランド出身の男性が「桃ピザ」を作るときのことです。

お手製の生地に桃や生クリームを乗せてピザを焼こうとする時に自分でピザ窯を作ったという話になり実際に見せてもらったのです。

非常に精巧に作られているピザ窯を見た山口達也さんは「これうまく作ったね。耐火レンガだ」と絶賛し、さらには「もうTOKIOじゃん、メンバーになって欲しい」と衝撃発言をしました。

山口達也さんの中では農業力や工業力、サバイバル力などがTOKIOの加入条件として重視されているのかもしれませんね。

加入条件が「芸能以外の道でも生きていけること」とすれば、山口さんの発言もなんとなくわかる気がしますね。TOKIOは他のアイドルグループと一線を画しているのかもしれません。

出典元:sirabee