『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の2017年8月17日放送に、ANZEN漫才のみやぞんさんが出演しました。

みやぞんさんは番組中に自身の子供の頃の極貧生活を明かし、多くの人を驚かせました。
番組では、みやぞんさんの幼少期の食生活が、VTRで紹介されました。

当時みやぞんさんは、六畳一間に家族6人で暮らすという生活を送っていたそうです。
とにかくお金がなったので、カレーに入れる具はジャガイモと玉ねぎだけ、ルーは6人分をひとかけらでという、薄いカレーでした。

誕生日のお祝いに母が手によりをかけて作った料理は「山盛りのほうれん草」でした。
さらに、高校時代に野球の試合で持たされた弁当は、白いご飯に赤いトマトだけだったそうです。
普通の子供だったら、文句のひとつも出そうな食生活です。

でもみやぞんさんは出される料理に、いつもこう言っていました。




「おいし-い!!」

いつでも前向きなみやぞんさん、お金がなくても食生活が貧しいというだけでは、みやぞんさんのポジティブさを奪うことはできなったようです。

この事実を知った視聴者からは、さまざまなコメントが寄せられました。

・みやぞんさんは、小さい時に苦労していたんだ。いろんな人に親切にできるのは、そうした苦労をしてきたからなんですね。
・本物のポジティブです。みやぞんさんのことが大好きです。
・明るく出来るって、やっぱり何かないとできないんですね。

天性の運動神経と音楽の才能を武器に、その活躍の場を広げていくみやぞんさん。
ほかのテレビ番組で「困っている人を見ると放っておけない性分だ」ということが明かされています。
びっくりするくらいの優しさは、過去での苦労が育てたものなのかもしれません。

出典元:gurunai