好奇心が勝り、赴くままに行動してしまう子供。家族で買い物したり、食事をしに来ている中でお店の大事な商品を触ってしまったり、壊してしまう、店内を走り回るなどたくさんあります。

子供だから仕方がないと思いながらもお店側からすると迷惑だと思う人もいます。実際に被害を受けた「お店側」はどんなことを思っているのでしょうか。複雑な心境などがTwitterに書かれていました。

子供が騒いだりすると困る人はたくさんいます。しかし、本当にお店が起こっている相手は子供ではないことは知っていますか。Twitterには悲痛な叫びのようなものも書かれていました。

この投稿内容は、雑貨屋さんでの出来事で店員さんの気持ちを感じ取ることができない親が多いそうです。

子供は泣いたり、動き回ったりするけれどそれを見て見ぬふりをする親に対して腹が立つ、それを感じ取れない親も多くいるそうです。

子供だからといってもきちんどダメなことはダメだと言わなければなりませんね。

出典元:feely