現在放送中のドラマ「ウツボカズラの夢」(フジテレビ系)、キャッチコピーは“大人の土ドラ”ドロドロ感とミステリー要素を併せ持った内容が深夜ドラマとは思えない高視聴率を出しています。同作で主演を務めているのは、7年ぶりの連ドラ主演となる志田未来さんです。

義母に実家を追い出されたかわいそうな少女と見せかけ、中身はとても計算高い“食虫植物のような女”という、演じるのが難しい役を見事にこなしています。

このドラマで、志田未来さん演じる主人公の亡き母の従兄弟の友人で、
国生さゆりさんと親子役を演じている青年が注目を集めています。

爽やかな青年ですが、この青年は小学生の時に「M-1 グランプリ2007」(テレビ朝日系)に出場し史上最年少で準決勝進出を果たすなど、小学生兄弟漫才コンビで人気があった『まえだまえだ』の弟、前田旺志郎さんです。

16歳になった旺志郎さんは『まえだまえだ』の活動を休止、俳優活動に専念しています。

 

すっかり大人びた姿に驚かれた人も多かったようです。ドラマ「ウツボカズラの夢」では、幼馴染を妊娠させしまった疑いをかけられる高校生という複雑な役柄だったこともあり、外見だけではなく内面的な成長を感じたという視聴者も多かった様子です。

ネット上でも
「まえだまえだ、大きくなりました」
「気がついたら、まえだまえだだったんでびっくり」
「まえだまえだの弟、へぇ~こんなに大きくなっちゃって」
「これが、まえだまえだの弟、カッコよくなってる」
といったコメントが寄せられ、反響を呼んでいます。

ちなみに、兄の前田航基さんは現在18歳です。彼も俳優として活動中、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)にも出演しています。

いつの間にか一人前の俳優に成長していた『まえだまえだ』のおふたり。
小学生にして手に入れた漫才師界の名声を捨ててまで挑み続ける俳優としての彼らの人生を、応援しないわけにはいきません。これからの彼らの活躍が期待されます。

出典元:spotlight-media