8月20日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、ダウンタウン松本人志さんの自身の番組への思いを語り、反響を呼びました。

始めに、15日に投稿した松本さんのツイッターについて、東野幸治さんからの質問に答えました。

「謎の事情でカットされ。。。」こちらは、上原多香子さんの不倫疑惑へのコメントに対してだったと松本さんは話しました。

この件で、自身の番組やテレビのあり方を、本音で話し出した松本さん。
いったいどんな内容だったのでしょう。

松本さんは「いや、怒ってますよ」と笑いを取りつつ話します。
上原多香子さんの不倫報道について、「謎の事情」が多く取り沙汰されるインターネットに比べ、テレビでは扱う番組が少ないことに疑問を持っているようです。
同時期に、宮迫博之さんの不倫問題に対しては、同番組でも扱ったと言います。
「ネット社会がすべてではないと思いますが、世の中的には上原多香子さんのニュースのほうが、興味が全然あるわけですよ。『それをワイドナショーで扱うことはナシにしてほしい』的なことを言うてくるわけですよ」
「『なんで? オレそういうの嫌やから、触れないと恥ずかしいで。ワイドナショーってそういう番組でありたいとオレは思う!』って、なんでアカンの? って言ったら、なんかモゴモゴ言うのよ」
番組側としては、上原さんの報道が週刊誌の『女性セブン』のみであることと、本人のコメント発表を待つことを理由にこの話題を「扱わない」との判断にしたようです。




同様の状況でも、番組で扱ったニュースは過去にもあったと言う松本さん。
結局最小限のコメントにとどめたようですが、放送直前オンエアカットを打診されたそう。

「なんじゃそりゃなんじゃそりゃと思ってたら…何日か後に『とくダネ!』でやってたんですよ。さらになんじゃそりゃ。っていうことがあって、このつぶやきになった」
そして自身の番組や、これからのテレビについての思いを語ります。
「でもね、僕はやっぱり、この番組(ワイドナショー)はそうじゃないようにいきたいし、なんかこの番組のファンの人もそういうことから逃げないワイドナショーやと思ってほしいし、そうしてきたと思うんですよ」
「そこは貫かないと絶対に損だし、この番組にとっても良くないし、フジテレビにとってもよくないですよ。だから僕はフジテレビを愛するがゆえに、言ってんのにフジテレビ側から若干足を引っ張られる…っていう不可解な。本当にやめてもらいたいな、と」
「フジテレビにとってマイナスなニュースもやっていかなアカンと思うし、吉本の不手際のニュースもやっていかなアカンし、もちろん自分になんか(報道が)あった時は、逃げないでコメントしないといけない」
「扱っていかないと、テレビがどんどん時代遅れになっていく。ネットが伝えられていて、テレビのほうが伝えられていないっていう。この状況に…(なってしまう)」

熱く思いを語る松本さん。
しかし最後は「僕が一番言いたいのは『フジテレビさん、これからも宜しくお願いします』」と真面目な表情でペコリ。
共演者やスタッフの笑いを誘いました。
ネットでも、松本さんの番組への思いに対し、とても反響があったようです。
大きな覚悟を持って、自身の番組を作る松本さん。
これからも、誇りをもってテレビの中に切り込んでいってほしいですね!