Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』が、2017年8月25日(金)より全世界同時オンラインストリーミングを開始されました。
この配信開始を記念して、監督であるアダム・ウィンガードをはじめ、主人公ライト・ターナー役のナット・ウルフ、L役のラキース・スタンフィールド、ミア・サットン役のマーガレット・クアリーらハリウッド期待の若手キャスト、そしてプロデューサーを務めるマシ・オカが来日し、前日24日(木)に豊洲PITにてジャパンプレミアが開催されました。

死神リュークはCGが使われますが、声優には「スパイダーマン」シリーズの悪役で有名な俳優ウィレム・デフォーが選ばれ、「顔まで似ている」「あまりに最適」との声で海外掲示板は大いに賑わっていました。

そのジャパンプレミア会場に、サプライズで「日本のお笑い界を代表する死神」として登場したのが、「リューク」のコスチュームに身を包んだアンガールズ田中さん。

「ハリウッドデビューしたい」と語る田中さんに対し、アダムは「タイツがセクシー」と意外な高評価。




しかしマーガレットには「デスノートに名前を書く」とまで言われ、田中さんのハリウッドデビューの夢は玉砕となりました。(笑)

“・抜群のクオリティですね☆
・怖すぎ!
・写真夢出てきそう(笑)
・そっくり!!最高(笑)(*゜▽゜)ノ
・似すぎでしょw“

など、すこぶる好評でした。(笑)

“サイズ感とか細さとか、かなりリュークに近づけたので監督に、
次回作あったらリューク役やらせてくださいとお願いしたら、ダメでした
綾部より先にハリウッドデビューしたいのに残念“

確かにハイクオリティ!ですねぇ~!

「リューク」の格好で、デスノートの人気キャラクター「L」の座り方をしている姿を、自身のブログに載せていますが……

あの~、目が怖すぎです(^_^;)

出典元:spotlight-media