何もやましいことはないのですが、声をかけられてしまうことは“あるある”ですよね。
今回は、そんな職務質問のエピソードBEST5を紹介します。

1. ジョギング中

いやいや走っているんだから当然、汗だくでしょう。
そこを疑問に思うところが不思議でしょうがないw。

2. コンビニからの帰り

きっとお腹がすいていたんのです。若い警官が「う~ん」とおでんかどうかわからない振りをすると
上司も食べたはずです。困ったもんですね、市民の安全を守る警官が“おでん”をたかっていたのでは。

3.3回目なんですけど!

はぁはぁ!そんな問題ではないでしょう。でもそんな人いるんですよね、夜勤から帰る途中に警察官と遭遇する度に職質される人。徳ですよ、にんげんとしての徳!

職務質問に関する“あるある話”まだ続きます。

人が聞けば、まったく笑い話なのですが本当に“ある”話なのです。

4.おばあちゃんがくれたアドバイス

まさかの逆効果でした。って言うか、猫は散歩させないし、TSUTAYAにも入れませんけど。
おばあちゃんじゃなくて、あなたがしっかりしなきゃ!

5.負のオーラが出ている

そうなんですよね、経験から来るものなのかも知れませんが一瞬で見抜かれてしまうんですよね。

いかがでした。“あるある”って感じた話ばかりでしたか?では、またお会いしましょう。

出典元:academic-box