誰かに手紙を送ったり、ちょっとした小物をプレゼントとして送るなど、デジタル化が進んでも封筒を使って郵便を送る機会は多いものです。

いつも何気なく貼っている切手ですが、実は『切手の正しい貼り方』があることを知っていましたか?ちゃんとした貼り方をすれば、郵便局で仕事をする人たちがスムーズに業務を進めることができるんです。

皆さんがよく目にする縦書きの封筒は、そうです、ご存知のように左上に切手を貼ります。
問題なのは横書きの封筒。もしかして、縦書きと同じように左上に貼っていたのではありませんか?

郵便番号を書く枠が印刷されていないと、勘違いしてしまうのですが正しくは右上に切手を貼るのが正解なのです。

横書きの封筒の場合、切手を貼る位置は右上なのです。知っている人は「当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが、けっこう知らない人が多いようです。
日本郵便によると

郵便切手は郵便物の左上部(横に長いものは、右上部)に貼っていただくようお願いいたします。

この正しい切手の貼り方に対してネットユーザーから多くのコメントが寄せられました、

横書きの封筒に対する切手の正しい貼り方に。ネットでも「知らなかった!」という声が多数寄せられました。

・左上統一だとおもっていました。
・既に左上に切手を貼る位置が印刷された封筒もありますよね。
・知ってました、みんなに注意したら「私が間違い」みたいに言われました。
・郵便局の方へお詫びです。いつも左上に貼っていました。

郵便の消印の作業は機械で行われます。しかし、横書きの封筒の場合左上に切手が貼ってあると、機械が読み取れないのです。消印を押す機械は縦長封筒の切手の位置を基準に設定されているため、横長封筒も縦にセッティングしたから消印作業を行うからなのです。

読み取れなかった封筒は手作業で消印を押さなくてはなりません。貼る位置が間違っていると余計に時間がかかってしまう訳です。正しい場所に切手を貼るだけで郵便局の作業効率が向上するのです。
毎日大量の郵便を配達してくれる郵便局の方たちのために、これからは正しい位置に切手をはりましょう!

出典元:japanpost