2001年、ヤミール・ジャクソンさんは我が子の誕生を待ちわびていました。
しかし、6か月を過ぎたあたりから彼女は妊娠高血圧腎症と呼ばれる深刻な症状を抱えることになります。
これは妊娠期に発症するのもで、血圧が非常に高くなってしまう症状です。

母子の健康状態を憂慮した医師たちは、この段階で出産することを決断します。
このため予定日から12週も早い段階で赤ん坊のザガリーちゃんが誕生。
体重わずか1キロほどの未熟児として生まれたザガリーちゃんは、出産から155日もの間、集中治療室で過ごさなくてはなりませんでした。

ヤミールさんは毎日ザカリーちゃんに寄り添いたいのですが、病院では夜間の面会が認められていません。
そのため、子供と別れるたびに心引き裂かれる思いをしたそうです。

なによりも冷たくて無機質な集中治療室に小さな我が子を残していくのが辛かったといいます。
彼女の望みは朝も夜も赤ちゃんを自分の腕に抱くことでした。小さなザカリーちゃんはいつも愛情に包まれる状態を望んでいるはず。
そこでヤミールさんは、離れていても息子と「一緒」にいることはできないか考え始めます。

そしてある夜、彼女は皿洗いをしていて、近くにあったゴム手袋を目にします。
その瞬間ヤミールさんはあるアイデアを思いつき、それを試してみることにしました。

ヤミールさんが取った行動が驚きの結果を生みます。

次の日、彼女は手袋にリンシードを詰めて形を作り、病院に持参しました。
そしてザカリーちゃんのそばに座っている間ずっと手袋を肌身離さずに持っていました。
やがて帰る時間が来て、ヤミールさんは自分の臭いがついた手袋をザカリーちゃんのそばにそっと置いていったのです、この手袋のおかげでザカリーちゃんは一晩中母親のそばにいるという感覚を得られるかも知れないと考えたのです。

翌日、ヤミールさんが病院を訪れると、手袋による大きな効果があったことを看護婦たちに知らされ驚きます。

ザカリーちゃんの心拍数と呼吸はこれまで以上に安定し、いつになく穏やかに眠っていたというのです。それ以降ヤミールさんは「ザッキー」と命名したこの手袋を帰る前にザカリーちゃんのそばに置いて行くようになりました。そして、ヤミールさんが息子を連れて自宅に戻ることが出来る日が訪れたのです。

そのとき、一人のナースが「ザッキー」を作ることをヤミールさんに依頼。
この病院ではほかの赤ちゃんにもこの方法を試せないか検討していたのでした。
この要請にヤミールさんは作業を開始、様々な生地を使って100種類ものザッキーを作りました。

その効果に多くの人が驚くようになり、ザッキーは瞬く間に広がってゆき、予想外の大ヒットでヤミールさんはザッキーの販売会社を設立することになります。
いまでは多くの赤ちゃんが「落ち着き」をもたらすザッキーの恩恵を受けることができるようになりました。

ある研究によると、親の香りを近くに感じる子供は安心し、より静かに安眠できるようになるだけでなく、より多くの酸素を取り込み、病気の発症も少なくなるということです。

小さかったザカリーちゃんもすくすくと成長し、今では素晴らしいアイデアを持った母親を誇りに思っているそうです。

出典元:cadot