毎週水曜日に放送されている『ガッテン!』(NHK総合)にて、ものすごい高校生が登場したと話題になりました。
2016年8月31日放送の特集「人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!」に登場した高校生の研究が「画期的」だと話題を集めました。

「蚊に刺されやすい妹を助けたい!」小学生の頃から独自に研究。
蚊に刺されやすい妹を助けたいと、独自に研究を行ってきた京都教育大学附属高校2年の田上大喜(たがみだいき)くん(16)。
妹のいったい何に惹かれて蚊が集まるのかを様々な実験で調べたところ、靴下に蚊が反応し、盛んに血を吸おうとする行動を起こすということを発見します。

ただ、反応はニオイの強さに比例するわけではないそうで…

“「僕ら家族では、妹(の靴下)が一番反応したんですけど。でも、家族の中だと一番臭うのは父(の靴下)です」”(田上くん)

さらに田上君は、多くの人の足の「常在菌(じょうざいきん※)」を培養してみました。
すると蚊に刺されやすい人とそうでない人とでは常在菌の種類が大きく異なっていることをつきとめました。
蚊に刺されやすい人は足の『常在菌の種類が非常に多い(多様性が高い)』ことが分かったのです!

そして、妹さんの足首から下をアルコールをつけたティッシュでよく拭いてみたところ、拭かなかった時と比べて刺された数が、なんと1/3にまで減ったのだそうです!!

専門家によると、人間が鼻でかぎ分けられるいわゆる「匂い」とは別に、一部の常在菌が出す脂肪酸などの化学物質や、その割合が『蚊を興奮させ、血を吸う行動をひきおこす』のではないか、ということでした。
【※常在菌=健康な人の皮膚に必ず存在する菌。それ自体はまったく体に害を与えるものではない。いわゆる腸内細菌のように、人によって菌の種類や数の割合が違う】

これに、ネット民から
“うわぁ凄い!是非とも研究を続けて欲しい…
蚊の研究をしている京都の高校生・田上大喜(たがみだいき)くんが素晴らしい。
ゆくゆくは、さかなクンのようになって欲しい気もしますが……。“
と言った声があがっていました。

『ガッテン!』では、田上くんの観察は世界的にみてもすごい研究とし、カリォルニア大学の特任教授のコメントを紹介。
「すばらしい研究です。蚊を引き寄せる物質を特定できればとても幅広い研究成果につながります。
私にも4人妹がいますが、誰も蚊の研究を手伝ってくれなかった。すばらしい業績おめでとう!」

ノーベル賞とは行かないまでも、今後も研究を重ね『他の誰もやりそうにない、ユーモアと独自性を兼ね備えた研究や開発』に授与される「イグノーベル賞」に、また、日本人として受賞してもらいたいものですね(^O^)v

出典元:feely