食器を洗う際に殆どの人が使う食器用洗剤。様々なメーカーから数多くの食器用洗剤が売られています。中でも詰替えボトルがあります。

通常のものと比べて容量が多く、詰替えボトルを購入すれば万が一食器用洗剤が足りなくなったとしても場合でも困りません。

しかし、大変なこともあって「詰替え用ボトル」から通常のボトルに入れるのは大変です。何故かと言うと注ぎ口が小さいのでこぼしてしまうこともあります。

つめかえ用ボトルと普通にボトルを使って何かしようとしています。それは一体何なのでしょうか。

ある日、自宅で使用している食器用洗剤がなくなったので詰め替えようとした時にある人は、いいことを思いつきました。

その場には詰め替え用と今まで使っている洗剤があったのですが、キャップだけを取り替えようとしたのです。

試しに行って見るとぴったりでした。このようにすれば、2倍になるだけではなくて、こぼさずに液体洗剤を詰め替えることができるのです。 

このことに対してツイッターユーザーの竹山さんはこの写真をツイッターに投稿しました。

食器用洗剤の詰替えをしようと思った時に、なんとなく蓋自体を付け替えるとぴったりだった。

この投稿を見た人は、「知らなかった」「今度やってみます」というコメントがたくさん来ました。

その一方で「前からやっている」という人もいて、このように答えた人からはキュキュットの他にキャップが詰め替え用と普通のものと一緒であるものはたくさんある。

もちろん、詰め替え用ボトルは普通のボトルと違って持ちやすさがないので、知っているけれど、あえて詰め替えて使っている人もいるのです。

面倒な作業が苦手な人にはとてもうれしい方法ですよね。食器用洗剤が足りなくなったらためしてみてください。 

出典元:twitter