さまざまな芸能人になりきる「ものまねメイク」で知られるざわちんさん。
彼女のInstagramに投稿される自撮り写真は美しく、完璧といってもいいほどの内容を誇っています。

ざわちんさんが、メイクに興味を持ったのは小学校でのイジメ体験に原因があったそうです。
当時色黒だったため「ヤマンバ」「ガングロ」などと呼ばれていたというのです。
今の彼女からは想像もできませんよね。

その後、板野友美さんのものまねで有名になって芸能界にデビュー、ものまねメイクで表現できる男性・女性芸能人の数は50名を超えるとのこと、そのものまねのどれをとっても高いクオリティーに驚かされます。

そんなざわちんさんですが、油断しているときにお母さんが写真を撮ると、自撮りでは絶対に
見られない「現実」が露わになってしまったのです。

いや現実問題よ。笑 #ママに盗撮されたやつ #アングル #笑 #爆睡 #移動中

A post shared by ざわちん Zawachin 泽酱 (@zawachin__0816) on

いや現実問題よ。笑#ママに盗撮されたやつ#アングル#笑#爆睡#移動中

見てください!ぷっくりとしたアゴの下のたるみ、まるで餅のようです。

この投稿にネットユーザーからは

「なんと、二重アゴ!最高です」
「アングルがいい。いい写真が撮れています」
「おかあさん流石ですね!」
「う~ん、自撮りは仕事なのね」
「こういうもんですよ、本当を見せなきゃ」

など、多くの共感のコメントが寄せられています。

完璧に見える芸能人も、自分たちと変わらない。親近感を覚えてしまいます、
でも独自の世界を創り出している“ざわちん”さん、今後も活躍を期待しています。

出典元:instagram