日本人の主食のお米。日常的に食べているこのお米。できればなるべくおいしく食べたいものです。
実はネットで今、どの家庭にでもある「ある物」を炊飯器に入れるだけで、驚くほどご飯が美味しく炊けるといって、大きな話題となっています。

なんとプロの料理人もやっているというこの方法、どの家庭でもお金をかけずに、すぐに試すことができます。その方法とは、炊飯器でご飯を炊く前に1,2個の氷を入れることです。

たったこれだけで、ごはんが驚くほど美味しくなります。

では、そのおいしくなる“氷”を使った炊飯の方法を詳しくご紹介します。

氷を入れる事でアミノ酸の量が増えて「旨味」が増すのです。

炊く前に氷を1~2個入れます。氷を投入してから必要な目盛りまで水を注ぎます。
15分置いてから普段と同じように炊飯。これだけで炊き上がりはツヤツヤになるのです。

お米は冷やされることでアミノ酸量が増えて旨味が増します。また、沸騰するまでの時間が長いと甘味が増すと言われています。氷を入れる事で、甘味成分を作り出す分解酵素が働く80℃に達するまでの時間が長くなり、分解酵素がより働けるようになるのです。

この方法を実際に試した人から、絶賛の声が多数寄せられています。

とても簡単な方法なのですが、やってみると本当に美味しく炊くことができます。
是非、試してみてください。

出典元:cadot