先日愛知県名古屋市にある日本ガイシホールで毎年恒例のAKBグループじゃんけん大会が開催されました。

今までは、個人戦で行われていたのですが、今回は、メンバー同士がグループの垣根を超えて自由にユニットを作っていいという新ルールが発表されて行われたのです。

そんなじゃんけん大会で優勝したのは、なんと「fairy w!nk」の2人です。

https://twitter.com/mn_fairywink/status/911966420786745345?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fspotlight-media.jp%2Farticle%2F461356380455815739

「fairy w!nk」は博多を拠点とするHKT48のメンバーの荒巻美咲さん、運上弘菜さんによるユニットです、昭和の大アイドル「Wink」を意識して笑わない2人によるこのユニットがメジャーデビューすることになったのです。

フレッシュな2人がメジャーデビューする中であの3人がじゃんけん大会に登場し、大きな話題になりました。その3人とは誰なのでしょうか。

. じゃんけん大会✊🕶 #サンコン

A post shared by Yuki Kashiwagi (@yukikashiwagi_official) on

優勝ユニットが決まった中で大会を大きく引っ掻き回した3人によるユニットがあります。
そのユニットが大きな話題になりました。

3人はセクシーで怪しい仮面をつけていますね。この3人の正体は、柏木由紀さん、指原莉乃さん、峯岸みなみさんによる「サンコン」というユニットです。

AKB48グループの中でも先輩である柏木由紀さん、指原莉乃さん、峯岸みなみさんの3人は盛り上げ役として参加していたのですが、あっという間にベスト8まで進出し、準々決勝で敗退してしまいました。その大会を見事にかき回している姿に司会のおぎやはぎの2人から「流石だわ!」と絶賛されたのです。

じゃんけん大会に参加した峯岸みなみさん。負けてしまったけれどファンの皆さんの応援が熱くて嬉しかった、後輩のキラキラした姿に心動かされたとコメントしていました。

3人の衣裳には特徴があり、それぞれ自身のあるところを強調しているそうです。
柏木由紀さんは胸、指原莉乃さんは脚、峯岸みなみさんは鎖骨をアピールしたデザインで、黒い衣装は「ヒール」をイメージしたものだったそうです。

ともに卒業が近いと言われている彼女たち、ユニットとしてデビューはできませんが、さすがの立ち振舞で大会を盛り上げてくれたのでまた3人で何かをやってもらいたいですね。

出典元:spotlight-media