現在、アナウンサーとして活躍中の脊山真里子さんが中学時代の写真を公表しました。

中学生とは思えない整った顔立ちに、視聴者からその美しさに驚く声が寄せられています。

「かわいい!」
「昔から美しさはかわらないんですね」
「美少女」

と、たたえる声が、多く寄せられています。

そして彼女は、高校生になって渋谷のキャンペーンガールとして、芸能界にデビューを果たし、今ではそのルックスを武器に、グラビアアイドルとしても活躍中です。

今もその美貌は、群を抜いているようです。

脊山真里子さんの整った美しさは、小学生時代から健在で、人を引き付ける目力を持っていました。

その彼女の学生時代とは?

お父さんは大学教授、お母さんは英語教師というエリート家庭に育った脊山さん。
彼女もとても優秀な子供だったようで、幼稚園から高校まで名門のお茶の水女子大学付属高校で、過ごしていました。

通称”お茶漬け”

現在も母校の文化祭に訪れるなど、母校愛をしっかり抱き、彼女のような活躍する卒業生の訪問は、学生にも良い刺激になっているようです。
整った美しさの中で、それに見合った活躍を続けてほしいものですね。

出典元:spotlight-media