『本能的溺水反応』と呼ばれる現象を解説したイラストが話題です。子供が溺れると、激しくもがいてバシャバシャ音を立てるシーンが思い浮かびますが、実際に溺水は静かに溺れるのだそうです。

長野県佐久市の佐久総合病院小児科を中心とした佐久医師会の地域プロジェクトチーム「教えてドクター!」でツイッターアカウントが呼びかけています。

イラストに描かれているのは体を動かすことが出来ず、目を大きく開いたままの子供。
溺れて行く状態を判断できず、静かに沈んでゆき、誰も気づかない。
海、川、プールはもちろん、入浴中にも危険があると警告しています。




このツイッターを見たネットユーザーからは、驚きの事実に対する様々なコメントがよせられています。

誤解されている溺水に対するツイートが拡散されると、多くのコメントが寄せられました。

「ゾッとして怖くなった」
「知識として役に立つ情報だった」
「改めて、子供を見る必要性を再認識した」
「うわぁ~・怖い・怖い・怖い」
「お風呂で溺れた経験があるが、なにが起きたか分からなかった」

などなど、改めて知らされる溺水の真実に驚きのコメントが寄せられた。

本当に溺れている子供は、溺れているように見えないのです。知っていないと大変なことになります。
子供はいつも危険にさらされているのです、本当に一瞬たりとも目を離してはいけません。

出典元:feely