一風変わっていて、個性的な名前である「キラキラネーム」そんなキラキラネームを「子供がかわいそう」といったり、「インパクトがあっていい」などの好意的な意見などがあります。

良い意味でも悪い意味でも物議を醸しているキラキラネームに対して、予備校講師でタレントの林修先生は自分の考えを述べていました。

2017年9月24日に放送された「林先生が驚く初耳学!」という番組で林修先生は、キラキラネームと学力の相互関係について話していました。

1つ目は「テストの点数と名前が読める、読めないのには、ある程度の相互関係性がある」ということです。

それは、約20年前に経験したエピソードが理由のようです。

「まだ、キラキラネームと言うものがなかった時にテストを行い、順位を出したといいます。その時は、途中までは読めたのに突然読めなくなってしまった。」

さらに東大合格者の名簿をTV番組のプロデューサーに見せると「全員漢字が読める」と言っていたのです。

林先生はこのようにも強調していました。

「ひとつ言っておくとしたら、本人は全く責任がないこと」その上でキラキラネームと低い学力の相関性について「親が『名前の役割』を理解しているのか」がポイントです。

「固有名詞は、あるものの一つを特定して支持する機能があります。しかし、あるものを特定できたり、できなかったり、支持できない名前をつけることが固有名詞のあり方に則しているのか」ということです。

読み方がわからない名前では、固有名詞の役割を話していないと指摘されていました。

キラキラネームネームについてネットではこのように書かれています。

奇抜さばかりに目がいっていたから、名前であることを忘れる。世界に一つだけの名前をつけてあげたいのもわかるけれど、読めないと意味がない。

名前の役割がなくなっていた。

名前と学力の相関性は、林先生の意見なので実際はどうなのかわかりません。
番組に出演していたゲストは、「個性のある名前にしてあげたいという気持ちもよくわかる」「親の思いが込められている」というような肯定的な意見もあったのです。

それに対して林先生は、メジャーリーグで活躍しているイチロー選手を例に挙げていたのです。

「鈴木一朗は銀行の記入見本例にありそう、でもやっていることは、個性的で名前で個性を表現しなくてもいいのでは?」

昔と比べると個性的な名前の人は増えてきていますが、キラキラネームに対して色々なことを思う人がいるのです。

しかし、どんな名前でも親が子供のことを思って考えた名前です。だからこそ子供が自身を持って自分の名前を名乗れるように親も責任や誇りを持って名前を考えてもらいたいですね。

出典元:mimi