「徹子の部屋」をお馴染みの黒柳徹子さん。御年84歳ながらも年齢を感じさせず、芸人キラーとしても有名ですよね。そんな黒柳さんの私生活は謎に包まれていますが、9月27日に放送された日テレ系「1周回って知らない話」で黒柳さんの恋愛について触れる場面がありました。

8月に放送された同局の24時間テレビで服飾学校を訪れた黒柳さんは、学生たちに人生について話したのですがご自身の恋愛観についても話します。その時の様子は流れなかったため未公開映像として、今回初めてテレビで流されました。

たくさんの恋愛をしてきたという黒柳さん。彼女の考える恋愛観とは?

好きな人もいて、20代の頃は何回もお見合いの話があったと話す黒柳さん。彼女には、40年にも渡る遠距離恋愛の相手がいたことはテレビなどで話題となったのでご存知の人も多いでしょう。しかし、残念ながら彼は亡くなってしましました。

黒柳さんは言います。結婚をしなかったのは「タイミングが合わなかったから」だと。でも、後悔はしていないようです。「良い恋愛をすると、別れても、その人が死んでも、いつまでも生きていくことができる」と自分の考えを述べます。そして、学生たち「結婚するとかしないとかじゃなく、良い恋愛をしてほしい」と伝えました。

黒柳さんの言葉はネットでも話題になっています。




黒柳さんの発言が話題になったのには、「良い恋愛」をすることの難しさにあるのでしょうか。現在、2割近くの人が「恋愛感情をなくしたい」と考えているようです。

黒柳さんが今でも元気なのは、昔の恋愛経験が影響しているのでしょう。黒柳さんのように、結婚できなくてもこの人がいたからと思えるような恋愛をしたいですね。

出典元:sirabee