TBSテレビにて2017年9月24日に放送された『林先生が驚く初耳学!!』
その中で、林修先生が「英語が出来る人(出来ない人)」を前提に、社会で通じる有用な人材とそうでない人材について語りました。そして、会社で新人を採用する事を想定して、以下の4人はどのように評価されるのかという持論を展開したのです。

(A)英語が出来て、仕事も出来る人
(B)英語が出来て、仕事が出来ない人
(C)英語が出来ず、仕事は出来る人
(D)英語が出来ず、仕事が出来ない人

この4人を、林先生は次のようにランク付けしました。

林先生はこの中でいちばん採用したい人材として、1位は文句なく「英語が出来て仕事も出来る人」、2位は「英語が出来ず仕事は出来る人」、そして3位は「英語が出来て仕事が出来ない人」となるのかと思いきや、「英語が出来ず仕事も出来ない人」だというのです。つまり「英語が出来て仕事が出来ない人」は4位だったのです。
 これを最下位にした理由を、林先生はこう解説しました。

「英語が出来て仕事が出来ないような人を採ると、『英語が出来る』事が『仕事が出来る』事だと思い込んで、結果何も役に立たないからですよ。だったら『自分は何も出来ない』という人間を採用する方が指導しやすい」




 林先生の考えに、スタジオは「おお~」と納得した空気となり、昨年度箱根駅伝3連覇と大学駅伝三冠を達成した青山学院大学陸上競技部の監督、原晋さんは「英語が出来れば、物事すべてが出来ると勘違いしてる世代がありますよね」とコメント。

 英語さえ出来れば世の中通用すると思い込んでいる人が多いという事です。

 林先生も「日本社会でありながら、世の中の物差しがどこか狂っているように感じる」と感想を述べました。

 さらに林先生は「英語を話す事が出来ても、何を英語で話せるかが分かっている事が重要でしょう。英語として表現出来る思考力がなければ意味がない」とバッサリ。
 林先生の持論に、賛同する声が続出しています。

「私の周囲の人たちは、幼少期は思考力を鍛える事に重点を置いていますよ」
「とてもよく分かります。日本の『英語至上主義教育』には首を傾げますね」

 現代の国際化社会において、英語が出来るというのは大きなプラスになる事でしょう。しかし何より問われるのは、その英語を活用しようとする人間の「思考力」や「人間力」なのかもしれません。

出典元:mimi