10月に入りました、この時期になると多いのがくしゃみが「止まらない」という悩みです。
季節に合わせた快適生活術を届けるメルマガ『鍼灸師・のぶ先生の「からだ暦!」』では今回、東洋医学におけるくしゃみの役割や「注意の必要なくしゃみ」の見分け方、そして日々の生活で簡単に実践できる治し方についても公開しています。

■東洋医学的なくしゃみの役割
東洋医学ではくしゃみは「身震い」と考えられています。
体の表面に触れる嫌なもの、違和感を感じるものを全身を震わすようにして払いのけているのです。
(払いのけたいもの/ 体の冷え、鼻やのどの粘膜のムズムズ感、背中に感じる冷冷ムズムズ感)

[違和感に対する対処法]
・肩や背中はカラダのバリヤーです。体に侵入しようとする風邪を感じると、体は自浄作用としてくしゃみで風邪の侵入を防ぎます。
・体の冷えや風邪の侵入を感じた体は、くしゃみを立て続けにすることによって体温を引き上げ血流をうながして肌の抵抗を高めます。
・こうした秋の冷えに連日対抗することで、真冬にそなえる抵抗力と代謝の高まった体づくりを済ませます。

くしゃみの中には抵抗力を高めるためのものではなく、炎症による病的なくしゃみもあります。

鼻づまりや喉の腫れが伴う場合には、風邪やアレルギー性鼻炎の可能性が…




鼻水や鼻づまり、喉の腫れを伴う連発するくしゃみの場合には、風邪か季節性のアレルギー性鼻炎が考えられます。鼻や喉の粘膜が長時間炎症をおこし続けていると、抵抗力が落ちて冬に向かって風邪をひきやすくなってしまいます。

こうした危険なくしゃみに対する対処法は

・生姜蜂蜜湯
 ショウガのおろし汁と蜂蜜をお湯で割った生姜蜂蜜湯を朝晩に飲みます。生姜が体を温め蜂蜜が喉を保護します。

・シナモンミルクティ
 シナモンスティックかシナモンパウダーを使ったミルクティーか、チャイなどは身体に活力を与えて免疫力を高めてくれます。

・大椎のお灸
 アタマを前に倒して首のつけ根の一番出っ張る背骨の下に「大椎のツボ」をとります。
 くしゃみが出て抵抗力が高まらない場合には、毎晩「大椎のツボ」にお灸をすると良い良いです。

さて、「くしゃみと」危険なくしゃみが出る場合の見分け方・対処法を見てきました。
これからは寒さが増していく季節です。本格的に冷え込む前に十分な抵抗力をつけておきましょう。

出典元:spotlight-media