今月1日の日本テレビ系の特番、『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦2017秋』(夜19時から22時54分放送)での一幕。

タイトルの通り、日本テレビ系の人気番組の出演者がそう登場し、それぞれの時間帯の出演者がホスト役となっていろいろな企画を披露する、超豪華な番組でした。

日曜日の夜7時からは『ザ!鉄腕DASH!』、ホスト役は出演者であるTOKIO。企画はそれぞれの人気番組が紹介する「うまいもの」の中から最もうまい一品を決めて「うまいもの大賞」を決定する「うまいものNo.1決定戦」。

優勝賞品にはTOKIOが4か月かかって育てた熊本の伝統野菜「大長なす」を使った料理が振る舞われる。この「大長なす」はメンバーが優勝者に喜んでもらおうと、番組のために苗から育てたもので、その過程が放送された。

途中、記憶にある方もいるかと思いますが、関東地方は8月の異常気象で雨が降らなかったのは4日だけ、それ以外はすべて雨。当然日照不足でなすは育たない・・・そんないくつかのピンチを農業歴17年を誇るTOKIOの知識や経験によって乗り越えていくドキュメンタリーに出演者一同、驚きと感動。スタジオはそんな空気に包まれていました。

しかし、そんな姿も『鉄腕DASH』をいつも観ている人にとっては「当たり前の光景」のこと。

それでも他の出演者には、ジャニーズのアイドルという思いがあるため、驚きしかなかったようです。




優勝賞品のためだけに「大長なす」を育てる光景を見た審査員長の櫻井翔は、思わず「いくら番組の企画とはいえ苗からっていうのは凄いですよね」とコメントする。

すかさずこれに反応した山口達也・・・

「おい櫻井、企画じゃねえんだよ!本気なんだよ! 」

ときつい口調。また、放送では一瞬しか映っていませんでしたが、隣りにいた城島茂も、冷ややかな視線を浴びせていました。その迫力に、さすがの櫻井も返す言葉を探すものの見つからず、ちょっと間をおいて「すいません…」と言ったままうつむいてしまうほどだった。

ちなみに、同じ番組の春版『日テレ系人気番組No.1決定戦2017年春』でも、同じ嵐の二宮和也がTOKIOが育てた米を食べ、「企画とは思えない」と口走ったのに、同じように山口が「企画じゃなくて本気」と強い口調で言っていたのを思い出しました。

櫻井の反応をよく見ると、春のこの一幕を今回もネタとして使ったのかもしれませんが、それにしてもTOKIOの農業に賭ける思いは本物。やはり「企画」と言われるとネタと分かっていたとしてもいい気はしないのかもしれません。それが山口の強い口調に表れていた気がします。

TOKIOの凄さは『ザ!鉄腕DASH!』を見てもわかる通り、何事にも「本気で」取り組んできた姿勢の結果であることは誰もが認めるところです。

そのため、いくら番組中の「ネタ」と分かっていてもつい本気の返しになるのは仕方のないことではないでしょうか。

出典元:sirabee