無駄遣いをしないように、日用品以外の欲しいものは手帳にメモしているという女性、しらこちゃん。欲しいと思った時は一度冷静になり『欲しい理由』と『要らない理由』を書き出して、どうするかを考えます。例えば、ブーツが欲しかった時の『欲しい理由』は「秋冬にはきたいから」というものでした。

それに対し『要らない理由』は「休みの日にしか使わない」というものでした。
その結果『要らない理由』の方が勝りました。このようにして、メモをいつも取っているのですが、最近は『要らない理由』の方が勝ち続けていることに気が付きました。

連勝の理由は『要らない理由』が強すぎるからだというのですが…。

並らばれた「欲しいものリスト」。一番下に書かれた理由を見てください。

この「しらこちゃん」の投稿を見て、ツイッターユーザーからたくさんのコメントが寄せられました。
強すぎる「要らない理由」に寄せられたコメントです。
・このツイート見て、逆に買わなくちゃと思って買ってしまいました。
・うんうんわかる、私もいつまでも新しい財布が買えないでいる。
・ストレスの方が溜まっちゃう。
・がまんも良し悪しだと思います、たまにはパァ~っと。
・う~ん、最初から「買わない」ことを前提に理由付けしているような。。。
確かに、節約のためには必要ないものを買わないでおくことは大切な事です。
でも、たまに「欲しい」ものを買うことは精神的に大切な事ではないでしょうか。

たまに自分に対して無駄遣いしてやることは、自分に対する「ご褒美」、人生に潤いをもたせるには必要な事です。

出典元:twitter